トップ > 監査部門

監査部門

【監査部門について】

1.監査部門とは
学校法人追手門学院では、監事と内部監査室が緊密な連携を図ることで、より実効性のある監査の実施を目指しています。

>>監査部門について(PDF)

>>監査部門基本フレームワークについて(PDF)

2.監査部門の基本方針
①部門是(オーディット・フィロソフィー)
『学校法人追手門学院の監査部門は、組織価値創生のための継続的な改革・改善を支援し、
もって建学の精神の具現化と組織の発展に寄与することを目的とする』
②趣旨
部門是は監査部門の存在意義を表したもので、一言で言えば、
「追手門学院の価値を高める(※)」支援をするということです。
※これを『価値創生』と表現しています。
③執務室内の様子
「部門是」は、監査部門のフィロソフィーとして常に原点回帰するため、執務室内に掲げています。
>>執務室内の様子(PDF)
④規程
>>学校法人追手門学院監事監査規程(PDF)
>>学校法人追手門学院内部監査規程(PDF)

【公益通報制度について】

内部監査室業務には、「監査業務」だけではなく、不正行為の早期発見及び学院の自浄作用による是正を促すため「公益通報に関すること」が規定されています。また、別に定める「学校法人追手門学院公益通報者保護規程」にも「公益通報の窓口」として規定されています。

>>公益通報制度についての詳しい情報はこちらをご覧ください