プライバシーポリシー

 学校法人追手門学院は、幼稚園から大学・大学院までの総合学園として、地域社会、国家および国際社会において、指導的役割を果たしうる人材を育成してい ます。高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大しておりますが、個人に関わる情報を正確かつ機密に取り扱うことは、学院にとって重要な責 務であると考えます。
 そのため、個人情報に関するプライバシー・ポリシーを制定し、個人情報の取扱い方法について、設置する学校及び関係団体への徹底を実践します。
 その内容は以下のとおりです。

  1. 個人情報の取得について
    1) 本学院は、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得します。
  2. 個人情報の利用について
    1) 本学院は、個人情報取得の際、利用目的を単に抽象的、一般的に特定するのではなく、利用された結果が合理的に想定できる程度に、具体的、個別的に特定します。
    2) 本学院は、法令に定める場合を除き、個人情報を、取得の際に示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて、利用します。
    3) 本学院は、個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、当該第三者につき厳正な調査を行ったうえ、秘密を保持させるために、適正な監督を行います。
  3. 個人情報の第三者提供につい
    1) 本学院は、法令に定める場合を除き、個人情報を、事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。
  4. 個人情報の管理について
    1) 本学院は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
    2) 本学院は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防止するため、不正アクセス、コンピュータウイルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講じます。
    3) 本学院は、個人情報を持ち出し、外部へ送信する等により漏えいさせません。
  5. 個人情報の適正管理に係る内部監査
    1) 本学院は、プライバシー・ポリシーの適切性を確保するために、監査を行います。
  6. 個人情報の開示・訂正・利用停止・消去につい
    1) 本学院は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去等を求める権利を有していることを確認し、これらの要求がある場合には、異議なく速やかに対応します。
  7. 組織・体制
    1) 本学院は、個人情報保護管理責任者を任命し、個人情報の適正な管理を実施いたします。
    2) 本学院は、教職員に対し、個人情報の保護及び適正な管理方法についての研修を実施し、日常業務における個人情報の適正な取扱いを徹底します。
  8. 個人情報保護コンプライアンス・プログラムの策定・実施・維持・改善
    本学院は、この方針を実行するため、個人情報保護コンプライアンス・プログラムを策定し、これを本学教職員その他関係者に周知徹底させて実施し、維持し、継続的に改善します。

2005年4月1日制定